FC2ブログ
2016-05-26-Thu-17:00

【 活動記録 】 参考:改修前の金物屋さん(写真)

PC230488.jpg
DSC02692.jpg
DSC02689.jpg
DSC02687.jpg
DSC02655.jpg
DSC02633.jpg
IMG_5253.jpg
DSC02684.jpg
IMG_5208.jpg
IMG_6136.jpg
IMG_5730.jpg
IMG_4631.jpg
IMG_7785.jpg
2016-04-17-Sun-16:25

【 活動記録 】 改修期間2年、金物屋さんの姿です。

プロに教えてもらって素人が改修した古民家の全貌です。
たくさんあってなかなか選ぶのに苦労しました。

撮影:木村一成さん 

木村さんは、雑誌「棲」の専属カメラマンさん。
以前、棲にあかり.netを掲載して頂いたご縁で、その時の写真が素晴らしかったのでお願いしました。

naturalscene_9.jpg
naturalscene_2.jpg
room.jpg
room_4.jpg
room15.jpgflooling.jpg
wall.jpg
room_with_stairs.jpg
stairs6.jpg
ceiling_1.jpg
takumi_1.jpgakari.jpg
kitchen7.jpg
sighn.jpg
kanagu.jpg
stones.jpg
exstrior2.jpg
miharu.jpg
naturalscene6.jpg
naturalscene_8.jpgnaturalscene_4.jpg
naturalscene.jpg
sagyo.jpg
junpey.jpg
naturalscene_3.jpg
lunch9.jpg
kitchen1.jpg
lunch8.jpg
lunch7.jpg
naturalscene_6.jpg
naturalscene_5.jpg
wall_1.jpg
room12.jpg
celan_aya.jpg
view_from2F.jpg
2F.jpg
2F_2.jpg

2Fもとっても広くて、風通しがよく、素晴らしい空間でした。
(改修はこれからというところでした。)

躯体改修、外装、屋根:安藤建築
大工技術指導:安藤建築
内装設計:あかり.net
内装改修(漆喰壁、床下地、フローリング張り、天井、階段、キッチンカウンター):あかり.net
木用塗料提供・塗装指導(床、階段、キッチンカウンター、欄間、柱):和信化学工業(株)
大工道具提供:足助の本町にお住まいの山田さん、宮戸さん
お披露目会でのお祝いの品:足助のみなさん、あかり.netを応援してくださる24名の皆さんよりお祝いの品を頂きました。ありがとうございまいた。
撮影:2015年9月








2016-04-17-Sun-13:23

【 活動記録 】 書く、書く、書く。


久しぶりのブログ更新になります。
あかり.netのブログは、活動の振り返りとメッセージのために書いてきました。前者は自分たちのため、後者のメインは足助の人へ、それとこれから出会う人たちへとしています。そしてこのブログ自体が、あかり.netの軌跡となり、対外的な「信頼」になるように。

振り返りは、「次」があるから振り返るものだと思います。
意図をもって起した行動、偶然起こった事象、その組み合わせで見えた未来、遡る過程、そして振り返ったことを、実現したい未来への材料として蓄える。

メッセージは、その言葉の向こうに“きっと共感できる”と信じて疑わないことがあるのだと思います。だいたいそれは、半径の狭い話で、隣の人を幸せにしたいとか、自分が楽しくいたいとか、そういうところに行き着く話だと私は思っています。それを、あかり.netの活動を通してどこで見つけられるか、見つけたか、そして見つけてもらったかを書いてきました。

その半径を伸ばして、円を大きくすること、または別のところにO’を置いて新しく円を作ること、これって、活動をしていると自然な発想だと思います。
何か行動を起こすと、驚くほどの発見があるからです。

3人兄弟の私は、兄も弟も3,4歳ぐらいから一時期、レゴにはまっているのを横で見ていましたが、色、カタチの異なる無数のブロックを目の前に、黙々と何か作っていました。説明書も何もないけれど、創作意欲が湧くんですね。
とてもシンプル。きっとそれに近い。

浦野さんの五平餅、川角さんが腰掛けて行く縁側、中学生がしてくれた挨拶、メンバーとの会話、町の人の反応、道を歩く観光客、新緑の香嵐渓。1秒の間で得た知識もあれば、3年間の活動の中で身にしみてジワジワ学んでわかったこともある。
大も小も、ひとつ行動をすると、もう発見の数が半端ないんですね。失敗を含めて。

もっとちゃんと言うなら、発見というか、「感情の揺らぎ」です。
心地いい揺らぎも、不安定な揺らぎも。自分についても、人についても。
それらを振り返り、「発見」にする時間がブログを書く時間だったりします。

書きたいことがたくさんある時の方が、書く手は止まります。
思考、気持ちの処理が追いつかないからです。
金物屋さんからの撤退が決まった昨夏から、この気持ちの揺らぎの回数が非常に多かった。敏感でした。それから、「あかり.netとして」という視点にこだわり過ぎていました。

話は戻って、その「揺らぎ」を解釈し発見にして次に活かす。
その時に一考することが、そのフィールドと規模、一緒に取り組む仲間です。
あかり.netもそういう視点があります。
少しづつ、活動の内容も変わってきています。

それは、「金物屋さんが使えなくなったから」じゃないんだと、やっとわかりました。もちろん、金物屋さんに集えなくなったことで大きく変わりました。
でも、きっとそれはインパクトとしては大きいけれど、本質的な要因じゃないんだと思います。
この5月で3年目を迎えますが、3年の活動を経た今だからなのだと思います。

昨年12月調色イベント後から入っていた「金物屋さんロス」の4ヶ月、まだ、依然、すっきり美しい公式はありませんが、私の中での振り返りがやっと完了です。

ということで、1週間ほど「書く、書く、書く」。

この文章の長さに(笑)、「書く、書く、書く」とはこの記事のことだと思った方もいると思いますが、昨年の8月以降のことを、少しずつ遡って、振り返り、記事に残して行く作業に入ります。(時系列にならないかも)




2015-12-23-Wed-23:57

【 つくる 】 メリークリスマスと言いたくなった

調色イベントを先週末に実施し、このお休みは、リース作り。
土日を足助の山奥で過ごしたら、寒さのため体調を崩してしまって
昨日は1日お布団の中でした。

hirokoさんとこの時期にリースを作りはじめて4年。
こんな体調だし、今年はできるかなぁと思っていましたが、午後から温かい部屋でのんびりリース作り。

去年は沖縄旅行で拾ったサンゴや貝殻を使ってマリンリースを作りました。
今年は、毛糸で作る肌触りのいいリースを。
image (3)
IMG_2495+(3)_convert_20151223233751.jpg
IMG_2468+(3)_convert_20151224000348.jpg

before
IMG_2461_convert_20151223234738.jpg
IMG_2499[1]_convert_20151223234820
after
IMG_2495_convert_20151223233532_20151224000505be7.jpg
IMG_2494_convert_20151223233456_20151224000507dd0.jpg

私は毎年気づくと、似たような色で淡い感じに。
hirokoさんは飾りの使い方や色選びに遊び心があって華やか。
高校の時から、絵がとても上手くて
リース作りでは、”その色をそう使うのかぁ”といつも心奪われます。
去年はサンゴや貝殻の取り合いが途中ありましたが
今年は、初めから自分の好きな毛糸と造花を準備。
お互いの個性が出るねと話しながら、途中からは黙々と作業に没頭します。

忙しくなっても、環境が変わっても、これからもずっと親友との1年に1回のこの時間を大切にしていきたいと思うのでした。









2015-11-27-Fri-00:33

【 お知らせ 】 待ちに待った開催、1年越しの「足助を調色する」

12月19日、20日開催。面白いって、自信があります。限定15名です。
お早目にご連絡ください。家づくりも奥が深いけど、色づくりも奥が深いんです。

■イベントの詳しい情報はこちら
http://www.akarinet.info/p/2015chosyoku.html

1年前、和信化学工業株式会社さんにお渡しした企画書。
ワクワクしながら作りました。
香嵐渓、町並み、里山・・・足助の色を和信化学工業さんの技術で再現するワークショップです。10色の木用水性塗料を作ります。みんなで足助の色を集め、再現し、色に名前をつけ、使います。色づくりはとても奥が深い。
詳しく聞きたい方は、ご連絡くださいませ♪
調色1
調色2
調色3
調色4
調色5
調色6

和信化学工業株式会社、担当の大浅さん(大浅さんの記事はコチラ「大浅さん、一緒にチャレンジしたくなる人」)とあかり.net、そして足助ユースホステルの小川さんにも協力してもらって実現です。

当時はまだ金物屋さんが使えたので、再現した足助の色を室内に使用する予定でした。
今回は、足助ユースホステル(元椿立小学校)の足助間伐材で製作した木製ベンチと廃坑になる前に子どもたちが使っていたザラ板に塗装します。



RREVHOME NEXT