FC2ブログ
2013-06-11-Tue-01:28

【 活動記録 】 ロンリーチャップリン

6月のワークショップでは
地元の方に「聞き書き」をさせて頂き、金物屋さんの地元、この地域を知り
少し広い視点で「家」をみる予定です。

足助はかつて、芸者置屋が軒を連ねにぎわったといいます。
金物屋さんから歩いて30秒ほどのところにも
今は廃墟となった置屋があります。
金物屋さんよりも状態はひどく、通りに面した方の屋根は崩れかけています。

通りからしか眺めたことがなかったのですが
先日、裏に回ってみました。
IMG_1635.jpg
真ん中の部屋は、壁が1面抜けていて、部屋の中がまる見え。

小さい頃、父と母がお出かけする留守番のとき
よく観たチャップリンの映画の世界のようでした。

このイメージは、たぶん、「独裁者」の世界観。
第2次世界大戦で街が破壊され、廃墟になったアパートの1室も
同じように壁がなくて
そのお部屋にチャップリンの恋する人がいて、、、
たしか、そんなワンシーンがあったような。





スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME