FC2ブログ
2013-12-13-Fri-20:46

【 学ぶ 】 ふたりの先生 〜大二郎先生〜

12/12(木)は、茶話会のちらしを配る前に
豊田市郷土資料館で開催中の「あかりの道具」展に行ってきました。
重要文化財旧鈴木家住宅収蔵品展 あかりの道具
あかりの道具
素晴らしかったです。
みなさん、入場無料ですので是非、行ってみてください。
あの家にこんなにたくさんの、そして抱負な種類の「あかり」があったなんてとてもロマンチックなのです。
使用人さんが使ったあかり。
ご主人が使ったあかり。
廊下に置いていた行灯。
江戸時代の人たちが毎日使っていた灯りもあれば
特別な時に灯したものもきっとあるのだと思います。
あかりの前でどんな話をして、どんな書物を読んだのだろう。。。

夏のたんころりんで使用したたんころ(ひょうそく)の灯芯は
元々はい草でつくられていたのですが、展示場では実際に手に取ることもできます。

これらの展示品の調査、監修をされた大二郎先生は、一度、調査中の旧鈴木家住宅の見学をさせて頂く機会があったときに、とても詳しく鈴木家住宅に残されていた品々の解説をして下さいました。
あかり2
この日も、鈴木家住宅の調査のときのように
展示品を取り出してとても詳しく説明してくれました。
調査中もそうでしたが、大二郎先生は民芸の品々を
手に取ることや触れることを許してくれます。

調査中の大二郎先生
紙屋6
大二郎先生
紙屋4
紙屋2
紙屋

旧鈴木家住宅に残っていた品々は、調査の結果、約4000点にのぼり
ひとつひとつ記録に残したそうです。
今後の公開が楽しみです。

嬉しい再会第2段でした♩

スポンサーサイト



COMMENT



コメントの投稿

HOME