--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-02-13-Fri-19:49

【 おともだち 】 足助のかじやさん 

広瀬明史さんが亡くなって、もうすぐ半年になります。

口数の少ない方だったから、その分、広瀬さんがおっしゃった言葉はよく覚えています。

昨日、足助に行くと中馬のお雛さまが始まっていました。
その風景を車の中から見た瞬間、鼻の奥がツーンとして、泣きそうになりました。

自分でも驚いたけれど、広瀬さんの言葉を思い出したからでした。

「お雛様の土曜日にライブをやろう、お客さんがたくさんだから」

ちょうど1年前、たくさん雪が降った2月15日、カフェライブスペース「足助のかじやさん」で、ライブをやらせてもらいました。
足助の秋のイベントで、私の前に歌われていた広瀬さんとお話したことがきっかけでした。

広瀬さんとは、2年にも満たない短いお付き合いにしかなりませんでした。
広瀬さんは、私のことを褒めてくれました。
たくさんの人に知ってもらおうと、中馬のお雛さまの時期に私のライブを企画してくれました。
小椋佳さんの話、ビートルズの話、広瀬さんのライブの話、ギターの話。
ふたりで開業前のかじやさんで音楽の話をたくさんしました。
穏やかで静かで、誰に対しても誠実なお人柄でした。
ギターを持つと、口数が少しだけ増える方でした。

一緒に過ごさせてもらった時間は少なかったけれど
足助のかじやさんに行くと私はいつもホッとしました。
山本金物店の改修をしている人ではなく、音楽仲間としてその場にいることができました。

2/24、月に1回の足助かじやさん恒例「24円ライブ」の日です。
1周忌では、たくさんのご友人が広瀬さんを偲び、足助かじやさんを盛り上げる機会を作られるのだと思います。
だから、自分は半年のタイミングでできることをしたいと思ってきました。

24日、頑張っていい歌うたいますので
お時間のある方は「足助のかじやさん」へお越しください。
音楽が好きな人たちがいっぱいいます。あの空気は広瀬さんが作ったのだと思う。
たくさんの方に来て頂きたい場所です。


かじやさん140215

去年の2月15日、ライブ終了後に。
ママさんも映ってますね。


スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。