--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-01-28-Wed-23:59

【 活動記録 】 階段づくり2〜製材〜(1月作業)

チーム製材は、作業2日目、場所を移動し
安藤棟梁の作業場で、階段に使う材の加工をさせて頂きました。
IMG_5725.jpg
杉の1枚板を縦にまっ二つ。
IMG_5700.jpg
IMG_5703.jpg
ホイールサンダーで研磨し、木目を浮き出たせるこだわりも。
ナイロンブラシが高速で回転して、柔らかい部分を削り、木目を残します。
IMG_5713.jpg
IMG_5702.jpg
大型の機械も使いました。
IMG_5711.jpg
IMG_5715.jpg
大型機械を使う時は危険を伴うということで、棟梁がして下さいました。
階段の踏み板の厚みを均等に整えることができました。



スポンサーサイト
2015-01-28-Wed-23:31

【 活動記録 】 階段づくり1〜階段をはめる場所を作る〜(1月作業)

階段づくり、スタートしました。
階段は老朽化していたこと、また、こう配が急であったため、場所を変え、新しく作ることにしました。
まずは、新しい階段を設置する空間をつくります。

既存の袖壁を落とす作業をしました。
IMG_2791_201501282310313b5.jpg
IMG_2794_2015012823104812e.jpg

こちらは、階段設置場所ではないですが、一緒に不要な袖壁を落としました。
IMG_2807.jpg

すると、、、、壁を落としたところから、竹小舞が出て来たそうです!(自分はこの場面は不在)
IMG_5741.jpg
土壁を落としていて、竹小舞が見えてきたとき、とってもワクワクしただろうなぁ☆

土壁の「土」、こちらは再利用できるので、さおりん、さくちゃんが水を注ぎ、ネリネリ。
IMG_2802.jpg
IMG_2803_20150128231044140.jpg
IMG_2804-1.jpg

一部表面がはがれた壁の溝を埋めたそうです!素晴らしい。

IMG_2808-1.jpg
IMG_2809-1.jpg

ただ、こちらに関しても、、、、トライ&エラー説があります。
こちらは来月、安藤棟梁に確認します。









2015-01-28-Wed-22:47

【 活動記録 】 漆喰下地塗りの予定が漆喰はがし(1月作業)

こんなふうに、ちゃんと養生テープを貼って
IMG_5668.jpg
IMG_5674.jpg
こんなふうに、楽しく漆喰の下地を塗っていましたが
IMG_5687.jpg
IMG_5689.jpg

棟梁「下地塗る前に、漆喰はがさないとあかんじゃないか」と一言。
一同唖然。
金物屋さんの古い壁、その場にいた私たちみんなが、漆喰がとれてしまっている壁と思っていましたが、漆喰仕上げの壁でした。。。

ということで、一生懸命下地を塗った壁ですが、めげずに下地&漆喰はがしに。
maimaiの勇姿が素敵でしたよ♩

IMG_5738.jpg
IMG_5739.jpg
IMG_5737.jpg

素人ならではのトライ&エラーでした♩


2015-01-28-Wed-22:27

【 活動記録 】 囲炉裏づくり続編(1月作業)

昨年5月にはじめた1Fの囲炉裏づくり。
その後、いったん、フローリングを張り終わるまでは作業ストップ。
フローリングが張り終わり、今回の1月作業で再開しました。

nakaさんの大工道具が大活躍。もちろん、nakaさんの手仕事も大大大活躍でした。
金物屋さんの大家さんのご希望で、囲炉裏は、飾り木(囲炉裏の淵を飾る意匠)の取り外しが可能で、フローリングとフラットになる盖を製作することになりました。

では、まず、1月時点での最新の囲炉裏を!
この後、手掛けフックをとりつけます。
IMG_5721.jpg
junpayさんのラフ案をもとに
0105囲炉裏メモ
nakaさんがリーダーとなって、みんなで製作しました。
IMG_5639_20150128220241cfb.jpg
IMG_5694.jpg
IMG_5690.jpg
IMG_5657.jpg
ところどころに、ネジを使って組み立てているのですが
ネジが表に見えないように、ダボでネジの頭に盖をします。
ダボから手作り。
IMG_5655_20150128220110822.jpg
IMG_5647.jpg
IMG_5661_20150128220233e7b.jpg
IMG_5662.jpg
IMG_5666.jpg
IMG_5673.jpg

あっさんの目がとっても真剣でした。
IMG_5677_20150128222328e09.jpg
そして、最後の微調整はnakaさん。
IMG_5718.jpg

2015-01-16-Fri-00:28

【 その他 】 冬のレモン

雪の日のレモン。
レモン

レモンの収穫時期って意外と知られていない。
輸入されたものが多いから、いつでも手に入って季節感がないんだろうと思う。
地中海、青い空の下ではつらつと、太陽に向かって実をつけるイメージだったけれど、日本では、秋から冬にかけて色づきます。

その姿が私はとても好きだ。
春に白い花を咲かせ、夏の頃はまだ若くて、周りの青々とした植物に紛れていて、秋になると、少しずつ、黄緑からレモン色に色づき始めます。
それでもまだまだ存在感がなくって、私はかがんで地面に近い場所から木の中を覗きます。
冬、周りの木が冬の準備をして、葉が落ちた頃、やっと、枝の向こうに実が見えます。
実家の庭に1本だけあるレモンの木は、数は少ないけれど、ひとつひとつが大きくてごろっとした実をつけます。

真っ白な雪がとても似合って
夕陽の空がバックのときは哀愁があったり。

色づく時期をお行儀よく待つ。
その間は、周りはにぎやかで、守られてるようにも見える。
みんなが冬眠に入った頃に、ちょっと遅れてちゃんとその存在の輝きを放ってる。

そんなレモンは、たくさんはいらないけど
料理やお菓子づくりにひとつふたつ冷蔵庫にあると便利。
IMG_5245.jpg

金物屋さんもレモンみたい?レモンの木みたい?になるといいですね。
今年も根気強く!


HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。