--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-25-Sun-19:08

【 おともだち 】 古民家再生 黒谷家プロジェクト

カテゴリー“学ぶ“のつもりで伺わせて頂いた新城市での古民家再生プロジェクト。
1日ご一緒させていただいて、“おともだち“になれた気がしました。
とは言っても、学生さんや大学、伝統工法の家づくりをされる建築士さん、大工さん、地域を巻き込んだ古民家の活用は、学ぶことがたくさんでした。
お庭も広く、蔵まである格式高そうな佇まいの黒谷家。
でも中に入ると、フランクで居心地がいいのです。
学生さんが手がけた内装やセンスのいい細部の設えのせいなのか『もっと家のことを知りたい!』と興味をそそられる魅力があります。
20140525191724978.jpg
20140525191824684.jpg20140525191954c2f.jpg
20140525191959c6b.jpg20140525192510dca.jpg

あかり.netメンバーで豊田高専で建築を学ぶ現役学生さみーが、あかり.netの勉強になる!と動いてくれました。心強いメンバーです。
豊田高専の加藤先生と黒谷プロジェクトの中島さん、望月さん、渋谷さんとは、これからもつながっていく気がしました。
20140525191055a1a.jpg

関わっている人たちが楽しいこと
家の再生とは、元の姿に戻すのではなく、手を加え、使うこと。
その部分を、企画運営レベルまで掘り下げてみんなで話し合えたことがとっても大きな収穫でした。

今回は初めてだったのでみんなで行けませんでしたが、次はあかり.netメンバー全員で黒谷家におしかけましょう!!

スポンサーサイト
2014-05-25-Sun-18:21

【 学ぶ 】 よろずや 村田屋半兵衛

営業日は 土 日 祝の朝から日が落ちるまで。


IMG_1578.jpg
IMG_1577.jpg

中庭は、すべてご主人のDIY。水は、台所にあった井戸からひいていて、井戸を枯らさない工夫をしています。
IMG_1559.jpg
また、金物屋さんでも悪戦苦闘中の中庭排水にも、この通りスマートに対応済み。
IMG_1573_20140523180427981.jpg
IMG_1568_2014052318072971a.jpg
IMG_1563.jpg
IMG_1593.jpg
IMG_1592.jpg
2Fの柱や梁は、すべてご主人が電動サンダーで磨いたというから驚きです。
改修のご苦労はきっと多々あったのだと思いますが
小さな頃から住んできた家が、自分のアイデアと行動で美しくそして住みやすく変わっていく過程はとても楽しかったのだろうなと思いました。
IMG_1588.jpg
IMG_1584.jpg
2014-05-25-Sun-18:04

【 学ぶ 】 築200年の町家

IMG_1550.jpg

話は遡ること、5月のGW。

メンバーさくさくさんが体験しに行く!と教えてくれた大阪・堺の長屋改修ボランティアに急きょ、junpayさん、Atsuroさん、私もおじゃまさせてもらいました。

道中、足助より20数年前に重要伝統的建造物郡保存地区に指定されている三重県、関宿にふらりと立ち寄り、町並み保存の社会科見学をしてきました。

町並みを実際に歩いて町の雰囲気を体験できたら十分と思っていたのですが
出逢いに恵まれ、骨董品と日本の古い器を売っている村田屋のご自宅を見せて頂けることになりました。

初めは、我らの憧れ”箱階段”をちょこっと見せて頂くはずが
私たちの活動を知った親切なご主人が、家の中ほぼ全てを改修の解説付きで案内してくれたのです。
築200年の村田屋。
内装は細部まで、ご主人がこだわっています。
IMG_1604.jpg
次の記事で村田屋さんをご紹介。



2014-05-23-Fri-20:48

【 活動記録 】 フラリと顔を見せてくれたお客さま(5月)

松田さん 
IMG_1739.jpg
小川さんときょうこさん
IMG_1735.jpg
山ちゃん
IMG_1915.jpg
大家さんと石川さん
IMG_1876.jpg
井筒屋さんのお兄さん。お名前聞き忘れちゃった。
IMG_1844.jpg
関根さん
IMG_1832.jpg
チーム棲のみなさん
IMG_1912.jpg
笑ってコラえて!”ダーツの旅”のスタッフさん
IMG_1937.jpg
そして、もう一度、関根さん。
IMG_1839.jpg

5月はにぎやかな2日間でした!










2014-05-13-Tue-00:24

【 活動記録 】 頭と身体フル回転の床下地づくり(5月活動記録)

棟梁が作ってくれた家作り定規。
IMG_1752.jpg
足助の人たちみんなが安藤棟梁の腕は確かと言います。
そして、みんなその次に「あの人は、人柄も素晴らしい」といいます。
その棟梁に直に教えてもらえるありがたさを感じながら、なんとかついていこうとする私たち。
みんなの「学ぶ」意識が目に見えるようでした。

大引、根太がつくまでの様子。

IMG_1906.jpg
写真-2
写真
写真-3
IMG_1904.jpg
IMG_1905_201405130012536b5.jpg
IMG_1931.jpg
IMG_1926_20140513001523c1c.jpg
IMG_1951_20140513001519991.jpg
IMG_1946_20140513001518bde.jpg
IMG_1943_20140513001521415.jpg
IMG_1964.jpg
IMG_1960.jpg

やっと、やっとです。
やっと、家作ってるっていう感じ。
トントンカチカチしたくてうずうずしていた男性陣の皆様、お待たせしました!




2014-05-12-Mon-23:50

【 活動記録 】 囲炉裏づくり(5月活動記録)

新緑がまぶしい足助。
金物屋さんはいつにも増してにぎやかでした。
訪問客がたくさんだったこともそうですが
トントンカチカチ、大工の音がさわがしく聞こえましたよ。
釘打ちを失敗してガハハガハハと笑うみんなの声がしましたよ。
IMG_1754.jpg

さて、モルタルの乾燥にもばっちり、快晴の1日目、囲炉裏づくりスタートしました。
床を張る前に囲炉裏の土台づくり。水糸で積み上げるブロックの面(水平面)を出します。
IMG_1785.jpg
IMG_1818.jpg
IMG_1845.jpg
IMG_1846.jpg
IMG_1852.jpg
IMG_1878.jpg

2014-05-03-Sat-07:51

【 活動記録 】 「棲」の編集者さん

水曜日、雑誌「棲(すみか)」の編集者浅野さんのお宅にお邪魔しました。

棲チームの春実さん(左)と浅野さん(右)。
IMG_1474_20140502143253c95.jpg

こんなにも、自由に想い想いにお互いの考えを語り、シェアできたのは浅野さんの「家」の力なのかも。
とっても落ち着く古民家でした。
徳永さんのカフェ”まほろば”のご近所さんで、この辺り、昭和初期の民家や古い神社とか残っていて探検したらおもしろそう。

棲は13年春夏号「だから、集まって」というシェアハウス特集を購入したことがあります。最近では13年秋冬号「本があるから。」をちょうど読んだところだったので、お電話をいただいたときは”あれまぁこういうことってあるんだ”と思いました。次回号であかり.netを取り上げてくださるということです。

「暮らし」と「住まい」を
”こうあるべき”とデザインやオシャレ感、趣味的なもので読者に提案するのではなく、その「住」の中にいる人たちの暮らしを、ヒストリーを、思想を汲み取り、いろんな生き方があっていいことを気づかせてくれる棲です。
だからあったかい。

このおふたりあってのあの誌面だと思いました。
出逢いに感謝します。

棲 http://www.jiyukukan.net/new_backnumber/new_backnumber.html




2014-05-02-Fri-16:08

【 活動記録 】 磨く(4月活動記録)

4月はたくさんの人でにぎわいました!
IMG_1344.jpg

集まってくれたメンバーと初めて会った1年前。

これから大変な時期とか来たら
あーでもない、こーでもないってさんざん話した後
黙って、みんなで金物屋さんのガラス戸を磨こうと思いました。

そうしたら、きっと原点に戻れて、どうでもいいことに思えて
見なきゃいけないものが何かを思い出す気がしました。

この日は、ひたすら、「みがく、ゆすぐ、しぼる」の繰り返し!
磨きましたね〜
IMG_1349.jpg
IMG_1318.jpg
IMG_1368.jpg
IMG_1376.jpg
IMG_1370.jpg
IMG_1366.jpg
IMG_1365.jpg
IMG_1360.jpg
IMG_1361.jpg
IMG_1352.jpg
IMG_1359.jpg
IMG_1388.jpg

1Fの床を作る前に、2Fからのホコリが落ちてこないように床を磨きました。
バケツの水を入れ替えて運ぶ作業お疲れさまでした。
重かったよね。






HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。