FC2ブログ
2013-12-14-Sat-00:37

【 学ぶ 】 ふたりの先生〜溝口先生〜

「あかりの道具」展では、文化財課の松川さんにもばったり♩

私にとっては”こんなところで!”で嬉しいのですが
松川さんにとってはこちらもお仕事の一環ですし、普段から町中でよくお会いするので、感動もそこそこのようでしたねw
その松川さんが「あと、30分後に溝口先生が来るよ」と教えてくれました。

そう、6月の足助町中散策をしてくださったあの溝口先生にも会えたのです。
記念撮影
松川さん、大二郎先生、溝口先生のお仲間、溝口先生、私をあかりの道具展に連れて来てくれてみなさんと親交の深いふさこさん。

6月、溝口先生の町中散策は本当に楽しかった。
田口家見学1溝口先生2

溝口先生は、名古屋市立大学芸術工学部教授で、建築史・文化財保存の専門家です。
足助の重要伝統的建造物群保存地区選定の際、町並みの調査をされました。
実は溝口先生が調査中に通りかかった金物屋さんをみて
「金物屋さんは残さないといかんよ」と大家さんに言ったという金物屋さんの恩人でもあります。
そして、私に「家には運命がある」ことを教えてくれた人です。

溝口先生は
なぜか残っていく家、そうでない家があって
それは家が持っている運命なのかもしれないとおっしゃいました。
私はその話を聞いて、金物屋さんはその”残っていく”運命を持った家だと思いました。
駐車場になる予定だった金物屋さんが、溝口先生にみつかって
溝口先生の話を聞いた大家さんが残してくれて
10年もの間、雨が降ったら雨水を捨て、換気をして
なんとか金物屋さんを守ってきてくれました。
大家さんからたすきを受け継いで、次の人に渡すまで
自分が金物屋さんを守っていくというものなんだろうなぁと思ったことをよく覚えています。

そしては、私は駅伝のチームみたいに
たくさんの仲間とたすきをつないでいきたいと思って
あかり.netをはじめました。

次のたすきを受け取る人に出逢うまで
今は、「自分たちで金物屋さんを守っていく」と思っています。

鈴木家見学1
6月の足助散策では、今回のあかりの道具が眠っていた旧鈴木家住宅の前で記念撮影していました^^
この日は、足助の町の方にも参加してもらえて本当に楽しい1日でした。

スポンサーサイト



HOME