FC2ブログ
2013-10-09-Wed-20:39

【 活動記録 】 新しい図面

この高さから見る景色が好きです。
IMG_5681.jpg

自然光で図面を見る。
あかりがつかなくて不便だけど
そのおかげで、手作りベンチをズルズル引っ張りだして軒先ミーティング。

自然も気持ちがいいし
町の人もみんな声をかけてくれます。

この2日間で知り合いになった町のみなさんやたんころで先生をやってくれた師匠、金物屋さんの前を通るとみんなが声をかけてくれました。
ここは生活の道なんだろうな。

6日の午後は、最新の構造設計図を見ながら内装設計ワークショップの打合せ。
前回ワークショップの時に声をかけてくれた他のメンバーも入ってくれて心強さマックス。
みんなどんどん参加してください。

新町の山車組みで少しお話した方が差し入れしてくれました♩
両口屋さんの白パン。あんパンとレーズンパン。
おまんじゅう

金物屋さんの先にある小道にはカラクリ仕掛けがあります。
今だに時々ビックリ飛び跳ねてしまいます。
その制作をされているおじさんがくれたザクロ。
甘酸っぱくて元気になる味。
IMG_5664.jpg

今年の秋は、みんなが運んできてくれている気がします。


スポンサーサイト



2013-10-09-Wed-20:10

【 食す 】 恒例の

重要伝統的建造物群保存地区の町並みで頂くおまんじゅう@足助新町
IMG_5621.jpg
今回は、背景に「町並みと山車」というスペシャルショット♩
差し入れのおまんじゅう、しっとりしていて美味しかったです。

そしてこちらは昨年12月に撮ったもの@足助本町
396978_4752766695493_1403667128_n.jpg
両口屋さんの鬼まんじゅう。

両口屋さんはおまんじゅうの皮のような食感の白パンも売っていて
あかり.netではお昼ご飯によくみんなで買いに行ってお世話になっています。


あぁ!!!!!!
倉敷で撮るのを忘れていました。。。。
今、気がついた。。。。。








2013-10-09-Wed-20:00

【 食す 】 大胆だけど優しい味

6日は山車組みを見学させてもらった後
麺処「桃屋さん」にひとりでお昼ご飯を食べに行きました。

すると、先ほどまで一緒だった新町のお兄さんたちがモリモリとお昼ご飯を食べていました。
その場にいたのは、山車の一番上で踊る役の方々で
年行事さん(その年の祭りを取り仕切る大切なお役目)もいらして
祭りの話を聞いたり、あかり.netの話をさせてもらったり楽しい時間でした☆

おすすめはみなさんが食べていた「ドテカツ丼」。
同じものをお願いしたら、お店の人含めたみんなが「すごい量だよ、大丈夫!?」
ご飯の量を減らしてもらって注文し、来たのがコレです!
2013100612110000.jpg

甘くて、やわらかくて美味しい。
カツも大きいのが1枚しっかり入っているんですが
なんかカツが具の一部に見えるくらいドテ煮のボリュームがあります。

みなさん、ペロリと完食しているようだったので
お腹も空いていたしいけると思ったのだけれど、、、
お祭りの男の人たちと自分の体が一緒と思ってはいけませんね。。。

ドテカツ丼(小)を作ってほしい。

2013-10-09-Wed-00:22

【 学ぶ 】 祭りの前の町

10/12(土)、13(日)の足助祭りで
本町の山車を、町のみなさんの仲間に入れてもらい、あかり.netで曵かせて頂けることになりました。

すごい!!
楽しみ!!

週末は足助で過ごして、足助祭りの準備をする町を満喫できました。

本町は5日、「陣中見舞い」の日でした。
自治会長さんや祭り関係者が集まる場にご挨拶に行かせて頂き、お囃子の練習も見学させてもらいました。
その後、新町のはじめくんのはからいで
新町のお囃子練習にもお邪魔させてもらうことができました。

足助の山車曵きは田町、本町、新町、西町それぞれの伝統、仕来りがあると聞いていたので
本町の山車を曵かせてもらう身で新町を見学させてもらったりしちゃってもいいものかしら。。。と心配もありましたが
どちらの町のみなさんも温かく受け入れてくださって嬉しかったです。
写真は本町の囃子練習風景。
IMG_5435.jpg
太鼓の存在感、繊細な音色の横笛
すぐそばで、その音に圧倒されてもいいと思うのですが
みなさんの真剣な姿がダントツに私にとって新鮮で驚きで
圧倒されました。
お祭りって、こんなにも真面目にやるものだったんですね。

翌朝6日8:00からは、新町の山車組み(土台)を見学!!
IMG_5539.jpg
美しい町並みと年期の入った山車の車がマッチ。
山車は全て木組みで、古いパーツは江戸時代からのものとか。
その後、痛んだ材を都度修復、交換して現在まで残してきたそうです。

山車は想像以上に大きくて、それからなんだか「生」を感じるもので
組み立てる作業は、暴れん坊の大男の神様を
何人もの男たちで、手なずけて乗りこなしていくように見えました。
神様を手なずけるって少し違和感があるかもしれないのですが
馬や牛を乗りこなすのとはちょっと違って、神秘的なものを感じるのです。

そうそう、祭りは「男」世界なので
囃子の練習も山車組みも、私以外は全員男の人。

3時間もずーっと山車を組み立てる気力と体力に
これは男の人しかできないなぁ。。と思いました。

山車組みは力仕事と思っていましたが
「美しい見え方」という視点があり
縄の締め方ひとつにも、美しさを追求した技があり感動しました。
囃子の音色も、美しい縄の締め方も、楽譜やマニュアルはなし。
その場で、丁寧に伝授されていく祭り文化に触れられたことは
とても貴重な体験でした。
IMG_5439.jpg
IMG_5440.jpg
IMG_5488.jpg
IMG_5512.jpg
IMG_5650.jpg
IMG_5551.jpg
IMG_5567.jpg
IMG_5603.jpg
IMG_5634.jpg
IMG_5661.jpg
IMG_5619.jpg
カメラ目線をお願いしたら、みなさん照れてしまってサササッと画面から消えてしまう始末w
この方だけ協力してくれました♩
ありがとうございます!



HOME