--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-30-Wed-21:51

【 遊ぶ 】 おしりかじりむし

みたいになってしまいましたが、
HAPPY HALLOWEEN ☆
IMG_6643.jpg
IMG_6628.jpg
IMG_6645.jpg

ギリギリ今年も間にあいました♩
去年よりも、カッターで掘るのがうまくなった気が。
のみとトンカチで刻み作業をしている成果かな^^

スポンサーサイト
2013-10-23-Wed-18:40

【 おともだち 】 嬉しい贈り物5

今日は嬉しい贈り物を紹介します。

あかり.netの事を気にかけて頂いてる、地元のおじさんが
金物屋さんの前に置くポスター立てを作ってくれています。

この写真を添付して送って下さったメールをみたとき
一日の疲れがフワ〜ッと和らいで笑顔になった自分がいました☆

ポスター立て

畑に柿とみかんを採りにいったときに、ふと、思いついたそうです。
金物屋さんの前に看板があったらいいんじゃないか、と。
足助らしく、もみじの枝を雑木林で探して制作してくれました。
これから、作業日などを貼って地元のみなさんにお知らせできます!!

Vサインをしたポスター立て。
世界にひとつ♩
腰のくねり具合なんて絶妙。


あかり.netをやってよかったと思いました。

お祭りを通して出逢った制作者のおじさん。
フレーフレーって
言ってくれてる気がして
胸が熱くなります。

私が外に置きたい!
と言ってしまったものだから、今、より頑丈な作りにしてくださっています。

すみません!そして、ありがとうございます!

それにしても、Vサインをしているこんなハッピーなポスター立てを思いつくなんて素敵ですよね。
私たちメンバーが金物屋さんに行けないときも
この子がいてくれたら、金物屋さんが明るくなりそう。








2013-10-18-Fri-23:18

【 遊ぶ 】 足助祭りの楽しみ方〜山車を曵かせてもらう編〜

1380733_445191365589872_197261536_n.jpg
IMG_5985.jpg
IMG_5928.jpg
1381630476939.jpg
IMG_5972.jpg
IMG_5990.jpg
IMG_5992.jpg
IMG_5989.jpg
1378892_445191745589834_609113406_n.jpg

怪我なく祭りのみなさんにご迷惑をおかけせずにすんでホッとしています。
みんなが楽しむお祭りでそれだけはやっちゃいけないと思っていました。

ありがとうございました。




2013-10-18-Fri-23:08

【 遊ぶ 】 足助祭りの楽しみ方〜お囃子編〜

お囃子はなぜだがとても色気がありました。

IMG_5904.jpg
IMG_6042.jpg
IMG_6155.jpg
飲む
IMG_6150.jpg
IMG_6171.jpg

2013-10-18-Fri-22:53

【 未分類 】 足助祭りの楽しみ方〜渋好み編〜

グッときます。

IMG_5920.jpg
IMG_5909.jpg
IMG_5926.jpg
IMG_5943.jpg
IMG_5953.jpg
IMG_5950.jpg
IMG_5996.jpg

2013-10-18-Fri-22:46

【 遊ぶ 】 足助祭りの楽しみ方〜オフショット編〜

何、祭りを語ってるんだ!
祭りは豪快に楽しめ!

と、ひとつ前の記事を読んだ
祭りバカ(敬意を込めてます)のみなさんに言われそうです♩

さぁ、いくよ!

お祭りって楽しい!!
イケメンがいっぱい!!


IMG_5831.jpg
IMG_5848.jpg
IMG_5832.jpg
IMG_5853.jpg
IMG_6039.jpg
1383249_445191792256496_1552143010_n.jpg
IMG_5954.jpg

この方たちが、山車曵きが始まると真剣な顔つきになるわけです。
文句無しにかっこいいです。

女性のみなさん、来年もきっとかっこいいお祭り男たちに会えます。
来年は一緒に足助祭りに行きましょう♩

2013-10-17-Thu-20:13

【 活動記録 】 足助祭り

10月12日、13日、足助祭りに参加させて頂きました。

あかり.net、今回は女性率が高く、とてもにぎやかに本町の山車を曵かせて頂きました。大満喫の2日間でした。

山車を曵ける喜びと緊張。
カーブをまわるときの怖さ。
祭りを愛している町の人たち。
その人たちと一緒に飲むお酒の楽しさ。

怖くて、楽しくて、美味しくて、やさしくて、疲れて、さみしくて

足助祭りは「生きてる」ことを実感するものでした。

写真も映像もいっぱい撮りました。
でも、どんな写真を観てもらっても、どんな言葉を並べても
きっとあの祭りの感じは伝えられない気がしていて困っています。

数ある感動の中から、ひとつだけピックアップするならば
私は、山車の上で踊る出役(若い衆)を見上げる綱引きや梃子の方々の顔です。
若い頃に山車の上で踊り、年を重ねると、お囃子、舵取り、綱引きと山車から下に降りてきます。下に行く分、技術や経験を必要として、難しく、山車を支える大事なお役目です。

空が暗くなって、提灯をつけて、帰り車の準備をしているとき
ある舵取りの方が、私の視線なんか全く気がつかず
若い衆を見上げながら「乗りてぇなぁ」と
おっしゃった顔が忘れられません。

とてもいいお顔でした。
そこにいる男の人たちみんなが
若かりし頃、山車の上で扇子を持って、自分たちの町の山車の顔として
祭りを盛り上げていたんですよね。

男ってかっこいいものだなぁと思った2日間でした。
足助の町のみなさん、本当にありがとうございました。

まずは、個人的な感想と感謝の気持ちを伝えさせて頂きました。

本町の山車を曵くあかり.netのメンバー。
空は青く、山車は重く、みんなとてもいい表情!
1384285_217349875107089_653383957_n.jpg

by Atsuro









2013-10-11-Fri-18:36

【 活動記録 】 河野さん、ありがとう。

20131011シティリビング名古屋 

DSC_0028.jpg

今回、私は第一稿があがってきて拝見させてもらったとき
自分の考えを言いました。
あかり.netがみんなのものになってきているので
その説明や表現に慎重になっている自分がいました。
インタビューをしてくださった河野さんは、
最後の最後まで文章構成から細部のフレーズまで練ってくださいました。
その過程で、とっても迷惑な話なのですが
河野さんが第一稿で書いてくれた文章が一番フレッシュで伝わってくるものだと気がつきました。
勉強になりました。

あかり.netの想いを河野さんが伝えてくれています。
心から感謝しています。
大事にします。

【シティリビング 名古屋】働く女性向けの情報誌
名古屋配布部数 7万3004部、名古屋全域、愛知、岐阜、三重のオフィス集中地域に配布

※記事はこちらでチェックできます。
(10/11現在は、まだ更新されていませんが、きっとすぐ読めるようになります♩)
http://city.living.jp/nagoya/career/women

2013-10-09-Wed-20:39

【 活動記録 】 新しい図面

この高さから見る景色が好きです。
IMG_5681.jpg

自然光で図面を見る。
あかりがつかなくて不便だけど
そのおかげで、手作りベンチをズルズル引っ張りだして軒先ミーティング。

自然も気持ちがいいし
町の人もみんな声をかけてくれます。

この2日間で知り合いになった町のみなさんやたんころで先生をやってくれた師匠、金物屋さんの前を通るとみんなが声をかけてくれました。
ここは生活の道なんだろうな。

6日の午後は、最新の構造設計図を見ながら内装設計ワークショップの打合せ。
前回ワークショップの時に声をかけてくれた他のメンバーも入ってくれて心強さマックス。
みんなどんどん参加してください。

新町の山車組みで少しお話した方が差し入れしてくれました♩
両口屋さんの白パン。あんパンとレーズンパン。
おまんじゅう

金物屋さんの先にある小道にはカラクリ仕掛けがあります。
今だに時々ビックリ飛び跳ねてしまいます。
その制作をされているおじさんがくれたザクロ。
甘酸っぱくて元気になる味。
IMG_5664.jpg

今年の秋は、みんなが運んできてくれている気がします。


2013-10-09-Wed-20:10

【 食す 】 恒例の

重要伝統的建造物群保存地区の町並みで頂くおまんじゅう@足助新町
IMG_5621.jpg
今回は、背景に「町並みと山車」というスペシャルショット♩
差し入れのおまんじゅう、しっとりしていて美味しかったです。

そしてこちらは昨年12月に撮ったもの@足助本町
396978_4752766695493_1403667128_n.jpg
両口屋さんの鬼まんじゅう。

両口屋さんはおまんじゅうの皮のような食感の白パンも売っていて
あかり.netではお昼ご飯によくみんなで買いに行ってお世話になっています。


あぁ!!!!!!
倉敷で撮るのを忘れていました。。。。
今、気がついた。。。。。








2013-10-09-Wed-20:00

【 食す 】 大胆だけど優しい味

6日は山車組みを見学させてもらった後
麺処「桃屋さん」にひとりでお昼ご飯を食べに行きました。

すると、先ほどまで一緒だった新町のお兄さんたちがモリモリとお昼ご飯を食べていました。
その場にいたのは、山車の一番上で踊る役の方々で
年行事さん(その年の祭りを取り仕切る大切なお役目)もいらして
祭りの話を聞いたり、あかり.netの話をさせてもらったり楽しい時間でした☆

おすすめはみなさんが食べていた「ドテカツ丼」。
同じものをお願いしたら、お店の人含めたみんなが「すごい量だよ、大丈夫!?」
ご飯の量を減らしてもらって注文し、来たのがコレです!
2013100612110000.jpg

甘くて、やわらかくて美味しい。
カツも大きいのが1枚しっかり入っているんですが
なんかカツが具の一部に見えるくらいドテ煮のボリュームがあります。

みなさん、ペロリと完食しているようだったので
お腹も空いていたしいけると思ったのだけれど、、、
お祭りの男の人たちと自分の体が一緒と思ってはいけませんね。。。

ドテカツ丼(小)を作ってほしい。

2013-10-09-Wed-00:22

【 学ぶ 】 祭りの前の町

10/12(土)、13(日)の足助祭りで
本町の山車を、町のみなさんの仲間に入れてもらい、あかり.netで曵かせて頂けることになりました。

すごい!!
楽しみ!!

週末は足助で過ごして、足助祭りの準備をする町を満喫できました。

本町は5日、「陣中見舞い」の日でした。
自治会長さんや祭り関係者が集まる場にご挨拶に行かせて頂き、お囃子の練習も見学させてもらいました。
その後、新町のはじめくんのはからいで
新町のお囃子練習にもお邪魔させてもらうことができました。

足助の山車曵きは田町、本町、新町、西町それぞれの伝統、仕来りがあると聞いていたので
本町の山車を曵かせてもらう身で新町を見学させてもらったりしちゃってもいいものかしら。。。と心配もありましたが
どちらの町のみなさんも温かく受け入れてくださって嬉しかったです。
写真は本町の囃子練習風景。
IMG_5435.jpg
太鼓の存在感、繊細な音色の横笛
すぐそばで、その音に圧倒されてもいいと思うのですが
みなさんの真剣な姿がダントツに私にとって新鮮で驚きで
圧倒されました。
お祭りって、こんなにも真面目にやるものだったんですね。

翌朝6日8:00からは、新町の山車組み(土台)を見学!!
IMG_5539.jpg
美しい町並みと年期の入った山車の車がマッチ。
山車は全て木組みで、古いパーツは江戸時代からのものとか。
その後、痛んだ材を都度修復、交換して現在まで残してきたそうです。

山車は想像以上に大きくて、それからなんだか「生」を感じるもので
組み立てる作業は、暴れん坊の大男の神様を
何人もの男たちで、手なずけて乗りこなしていくように見えました。
神様を手なずけるって少し違和感があるかもしれないのですが
馬や牛を乗りこなすのとはちょっと違って、神秘的なものを感じるのです。

そうそう、祭りは「男」世界なので
囃子の練習も山車組みも、私以外は全員男の人。

3時間もずーっと山車を組み立てる気力と体力に
これは男の人しかできないなぁ。。と思いました。

山車組みは力仕事と思っていましたが
「美しい見え方」という視点があり
縄の締め方ひとつにも、美しさを追求した技があり感動しました。
囃子の音色も、美しい縄の締め方も、楽譜やマニュアルはなし。
その場で、丁寧に伝授されていく祭り文化に触れられたことは
とても貴重な体験でした。
IMG_5439.jpg
IMG_5440.jpg
IMG_5488.jpg
IMG_5512.jpg
IMG_5650.jpg
IMG_5551.jpg
IMG_5567.jpg
IMG_5603.jpg
IMG_5634.jpg
IMG_5661.jpg
IMG_5619.jpg
カメラ目線をお願いしたら、みなさん照れてしまってサササッと画面から消えてしまう始末w
この方だけ協力してくれました♩
ありがとうございます!



HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。