--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-26-Thu-23:00

【 遊ぶ 】 やったー!

楽天イーグルス、優勝おめでとう!!

スポンサーサイト
2013-09-26-Thu-22:50

【 食す 】 新米とシャルトルーズグリーンのお豆さん

シャルトルーズグリーン

劇的に変わるより
少しずつ変わっていく方がドラマティックかもしれないなぁ。

そこには数えきれないほどの小さな気づきがあって
都度、感性をじんわり刺激してくれるから。
ドラマがいっぱい。

少しずつ変わっていくことは気持ちがいい。

この前、足助でお世話になっているお宅で
ミネアサヒの新米で作った豆ご飯を頂きながらそう思いました。


とある1日の夕食だし
きっとこの感動は時間とともに薄れていくのだろうけれど
食べさせてもらった記憶といいなと思った感覚は自分の中に残っていく気がする。

シャルトルーズグリーン。
使ってみたくなる年頃。
そんな年でもないね、ハハハ♩





2013-09-21-Sat-00:41

【 活動記録 】 嵐のあとの金物屋さん

今日1日倉敷にいると、金物屋さんのことをブログに書きたくなりました。

ということで、遡ること4日。
台風の次の日の金物屋さんのお話です。

台風が気になって大家さんにメールをしたところ
足助はひどい雨が降り、避難勧告が出たそうです。
一夜明けた金物屋さんは屋根にかぶせていたシートがはがれてしまったとか。

仕事前に数時間があったので大家さんと約束し、金物屋さんに行ってきました。
はがれていたシートは大家さんが鎌で切ってくれたということで
現在の様子がこちら。
kanamono.jpg

ガラス戸の建具が少し壊れてしまっていました。
IMG_4689.jpg
これならきっとなおせます。

2Fにあがると、驚きの光景が。。。。

IMG_4671.jpg
2F天井がついに落ちてしまい、屋根→屋根裏→2F天井が貫通し
空が2Fからきれいに見えるようになってしまいました!
その前日に、屋根裏で確認した一番大きな屋根の穴、あの場所です。

かろうじてあった天井が、水分を多くふくんだ土の重さに耐えきれず落ちてしまったようです。
金物屋さんは、瓦と野路板の間に滑り止めと断熱のために土が入っているためです。
IMG_4679.jpg

すぐ近くにも同じように今にも落ちそうな天井があって
その上に瓦が数枚乗っていてました。
危ないので、大家さんと降ろす作業をしました。
IMG_4676.jpg

その後は大家さんと側溝の草取り♩
久しぶりにゆっくり話せました。

大家さんが作ったお赤飯を頂きました。
IMG_4668.jpg
仕事前に力がつきました〜





2013-09-20-Fri-23:11

【 学ぶ 】 第35回全国町並みゼミ倉敷大会に来ています。

あかりが灯り始める倉敷の夜。
IMG_4812.jpg

初日の今日は基調講演と全国の町並み保存活動の報告がメインでした。
報告が1団体につき数分というものだったのが少し残念。
その分、明日の3つの分科会が「実践よりの内容」になっています。

私が参加するのは
「町並み保存・活用の望ましい方向〜町並み保存と市民とのつなぎ〜」
倉敷伝建地区周辺の事例を中心に議論が進められる予定です。

洗練された町並みは、どんな人たちの努力によって作られてきたのか
酸いも甘いも知りたい。

交流会では、3月に参加した愛媛県内子の町並みシンポジウムで
お渡したあかり.netのパンフレットを覚えていてくれた方が
声をかけてくれました。
その後もブログをチェックしてくれていたそうです。

明日の交流会会場は、私の大好きな大原美術館です。











2013-09-19-Thu-01:26

【 活動記録 】 9月ワークショップを通して感じたこと

1)
みんなでやっている実感がとてもありました。
作業のことではなく、活動をです。

地元のおばあちゃんや観光客が覗いてくれると
近くにいたメンバーが、都度「中観て行きませんか?」と室内に案内して
あかり.netのことをお話している姿が印象深いです。

IMG_6292.jpg
IMG_6296.jpg

2)
金物屋さんは今も将来も開かれた家にしたい。

IMG_4624.jpg

足助在住のお友達はじめくんが覗きに来てくれました。
2Fの窓から、あそこが通っていた小学校と教えてもらいました。
なんかとてもいい時間だった。

たんころりんが8月15日に終わり、教えてもらった地元の方々とお話したり
挨拶したりする機会が減りました。

いつでも覗いてもらえるような家にしたいなぁと思いながら
痛烈なミスに気がつきました。
私は、1回1回のワークショップの準備やメンバーへの連絡までにしか気が回らず、地元の方々へワークショップの日時さえ連絡していなかったのです。

気が利かない女性はモテません。。。

9月ワークショップ後、たくさんのメンバーが
準備や打合せなど一緒にやろうと言ってくれました。

みんなでやればやっただけ視野が広がるはずです。
改めまして、どうぞよろしくお願いします。









2013-09-19-Thu-01:10

【 活動記録 】 9月フォトギャラリー

掘り出し物2
IMG_6282.jpg
IMG_6283.jpg
IMG_6284.jpg

IMG_6245.jpg
IMG_6260.jpg
IMG_6281.jpg
IMG_6259.jpg




2013-09-19-Thu-01:07

【 活動記録 】 9月フォトギャラリー

掘り出し物1
IMG_4604.jpg
IMG_4609.jpg
IMG_4610.jpg
IMG_4628.jpg
IMG_6201.jpg
IMG_6197.jpg
IMG_6195.jpg
IMG_6177.jpg





2013-09-19-Thu-01:02

【 活動記録 】 9月フォトギャラリー

「金物屋さんのイメージを共有しよう!」

IMG_4643.jpg
IMG_4649.jpg
IMG_4645.jpg
IMG_4647.jpg
IMG_4638.jpg
IMG_4651.jpg
ws.jpg
IMG_4661.jpg






2013-09-19-Thu-00:59

【 活動記録 】 9月フォトギャラリー

@屋根裏

IMG_6305.jpg
IMG_6319.jpg
IMG_6354.jpg
IMG_6397.jpg
IMG_6344.jpg
IMG_6415.jpg



2013-09-19-Thu-00:48

【 活動記録 】 9月フォトギャラリー

IMG_6088.jpg
IMG_6062.jpg
IMG_6092.jpg
IMG_6094.jpg
ここにカウンターがあって、庭を眺めながら珈琲でも飲めたらいいねとイメージが膨らみます。
IMG_6097.jpg
そして、土間にあった錆びた鉄製の棚も北棟へ避難させました。
IMG_6106.jpg
IMG_6136.jpg
独房

なんだか最後の写真は、独居房みたいだねとみんなで笑いました。

光の差し具合がなんとも。


2013-09-19-Thu-00:36

【 活動記録 】 9月ワークショップ

9月ワークショップの活動報告です。
1日目は晴れ。
2日目は台風の直前で、最後の方に大粒の雨に降られましたね。
10月から外装、屋根、構造の改修工事が始まるため
工事前に金物屋さんに入り、残すものを避難させる作業は今回がラストとなりました。

小屋組の解説、内装設計ワークショップは、それぞれ得意なメンバーが担当。
半学半教だぁ〜とドキドキワクワク。
そして、私はいつもより写真をパシャパシャ。
みんな気が散るよね、、とちょっとドキドキ。
でも、私の役割はきっと記録係だ!と自信を取り戻し
みんなの写真を撮らせていただいておりました。

さて

<主な内容>

(9/14:作業日1日目)
・保管庫として使う北棟を整理整頓。
・家中の建具を外し、保管庫に移動する作業。
・1F、2F大型家具の移動。その際、火縄銃が出てきました。
・小屋組の勉強@屋根裏

(9/15:作業日2日目)
・小屋組の勉強@屋根裏
・屋根裏の碍子を外し、保管する作業
・屋根裏に置いてあった建具を降ろす作業。その際、お琴と年代物の野球ボードゲームが出てきました。
・内装設計ワークショップ第1弾「金物屋さんのイメージを共有しよう!」をプレ実施。


家自体が歪んでいる金物屋さんでは、建具がなかなか外れず(そもそも引き戸が動かない箇所も)
これがなかなか大変でした。
ふすま、障子を外した日本家屋は、こんなにも広い空間が広がるものなのかと実感。

今回も掘り出し物がいっぱい。

火縄銃は、警察に届け出ました。
古民家と付き合っていると
「銃砲刀剣類の発見・登録手続き(銃刀法第23条)」まで学べてしまいます♩

この学びはまた後ほど。

IMG_6367.jpg





2013-09-10-Tue-18:30

【 学ぶ 】 (予習)金物屋さんのイメージを共有しよう!

9月ワークショップでは
内装設計第1弾「金物屋さんのイメージを共有しよう!」もします。

10月にも同じ内容でもう一度やります。
気になる方はご連絡くださいね。あかり.net初参加の方も大丈夫です。

最近、旅先でなんとなく撮った写真。
IMG_3600.jpg

この写真を見た友人が

あかり.netのブログのイラストに似てるね。

そういうことだったのね!
と納得。

阿寒湖の横にあるドーナツ屋さんの照明です。

気になるものは気になるし
なぜかと言われてもよくわからない。

---------
あかり.netは、バックグラウンドも世代もバラバラなメンバーで
金物屋さんの内装設計をします。

内装改修は私たち参加メンバーの参加料でやっていきますが
外装と構造改修は、国や市から助成を受けてやります。
大家さんも負担してくださっています。

金物屋さんは「みんなの家」であると思います。

税金を使わせてもらうこと。
足助という土地でプロジェクトを進めていること。
ちゃんと考えて行かなきゃいけないことはもちろんあります。
金物屋さんの改修は「自分以外の人々の日常」に関わっているからです。

でも、まずは、金物屋さんのために集まったメンバーのイメージが
何よりも大事だと思います。自由にひとりひとりの小さな夢を集めましょう。
わがままくらいがちょうどいい。

機能編、活用方法編なども機会を設けていきますが
9月10月は、「イメージの共有」です。
説明も理由も気にしなくていいです。
ただ「好きな空間、モノ」を写真や絵、雑誌の切り抜きで集めてみて下さい。
これを5月にみんなで作図した、金物屋さんの図面(B紙)に貼付けていきます。

この内装設計ワークショップは
私ではなく、参加メンバーのひとりが組み立てて提案してくれました。
こうやって進んでいくことってすごいなぁと思います。

まだ数えるほどしか一緒に活動していないメンバーの中で
自分の好きなものをシェアすることは、少し勇気がいるかもしれませんが

私は、今、この写真を見直しながら
遠く離れた北海道の地で
自分のイメージが形になっているのをみて
勇気がわきましたよ^^

社会人になってからの自己紹介って
どうしても「仕事や経歴、趣味」から始まります。
あかり.netでは、まだちゃんとした自己紹介をしていません。

私はこの「金物屋さんのイメージの共有」が
あかり.netでの自己紹介にもなると思っています。
相手の好きなモノから相手を知れるなんてラッキーだと思います。

イメージを形にするプロではない私たちにとって
各々の自由なイメージを集めることは
もしかしたら遠回りな道をたどっているのかもしれません。
あかり.netは試行錯誤の連続。
既成事実をつくっていく作業。
だからおもしろい。









2013-09-06-Fri-15:43

【 学ぶ 】 (予習)小屋組を知る

参加メンバーのみなさん

9月ワークショップ(9/14、15)では、改修前の屋根裏に登り
小屋組について理解します。予習しています♩
そして、私より詳しい方の方が多いと思うので
当日、先生やってくれる方、待っています。

10月からいよいよ外装、屋根、構造の改修工事が始まります。
1930年代に建てられて、その後、数回の改築を経た今日の金物屋さんの見納めです。

8月ワークショップ時、屋根裏に登り、足場を確かめてきたので
3人ずつくらいで現状確認と、小屋組を見て学ぶことができると思います。

さて、小屋組についての私の参考書はこちら。

「民家は生きてきた」 著 伊藤ていじ

本文の「概説」において、建築構造が詳しく説明されています。
詳しすぎてわからないので、わかるところから、サラリと読むことを心がけています。

小屋組:屋根を支えている三角形の構造体 (本文より)

そして、初心者の私には視覚的なサポートが必要不可欠なため
住宅メーカーさんが説明資料としてネット上で紹介している下記のような構造図をみて確認します。
小屋組
出典:Link to Living http://www.lixil.co.jp/reform/yougo/kouhou/koyagumi/03.htm

何回か屋根裏で現物を見ると、やっと頭の中に蓄積されていきます。

「民家は生きてきた」という本。
たまたま図書館で目に入って借りたものですが、民家研究の金字塔なんだとか。

まだ「概説」と足助に関係のありそうな「甲州・信濃路」のはじめしか読んでいませんが
この本、前述の通り民家研究で、中身は非常に詳細な日本建築に関する記述です。
(全国10の地方別に、地方の歴史と民家の特色についてまとめられていると見受けます。。)

おもしろいのが

「民家は生きてきた」という題名。

「民家は生きてきた」と言わざるをえない現代。
生きていく民家はもちろん、生きている民家もほとんどないというメッセージ。

民家が生きている未来をつくってくださいと言われているような
この本を伊藤ていじさんからのバトンだと思っている人はけっこういるんじゃないかなぁと思います。

本を閉じて、外に出よう!





HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。