--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-27-Sat-01:55

【 その他 】 ご連絡

朝日新聞をご覧くださって、錦見綾までお電話くださっている皆様へ。
明日(4/27〜4/29)から京都美山にて茅葺き体験に行って参ります。

屋根の上で携帯電話を気にして、落ちてしまっては大変ですので
携帯電話は基本的に宿に置いておこうと思っております。

お電話に出ることができず、ご迷惑をおかけするかと思います。
申し訳ありません。
お電話の場合は、4/30以降にご連絡頂けると幸いです。
また、e-mail (aya@nishikimi.com)にご連絡頂くこともできます。

どうぞよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト
2013-04-27-Sat-01:45

【 活動記録 】 草取り

本日(4/26)は、大家さんと約束した金物屋さんのお庭の草取りの日でした!



と思ったら、本当は27日でした。

すっかり1日勘違いしていて
豊田に向かっていた大家さんが急遽金物屋さんに戻ってきてくれて、と
大変ご迷惑をおかけする結果になってしまいました。

大家さんはお友達と一緒に用事の時間ギリギリまで一緒に草取りをしてくれました。ごめんなさい。

どうも本当に抜けていて、アカンです。

10時半頃から気づいたら13時半まで、金物屋さんの西側の溝を中心に
ひとりで黙々と草をむしってきました。

before
IMG_0531.jpg

after
IMG_0533.jpg

軒先で乾燥させるそうです。
IMG_0537.jpg

草むしり後は
マンリン書店で珈琲を頂きながらお昼ご飯のパンをパクパク。
(マンリン書店は本に囲まれて珈琲も頂けるのです!)
富紗子さんとまたまたたくさんお話しました☆

今日の足助。
IMG_0526.jpg
IMG_0523.jpg

やっぱり足助の自然はいいと思いました。




2013-04-27-Sat-01:31

【 活動記録 】 朝日新聞4/25朝刊ー空き古民家を集いの場所にー

あかり.netの活動が朝日新聞の記事にしてもらえました。
取材をしてくださった小渋さんは
私の質問への回答やこれまでのあかり.netのエピソードに
「ハッハッハッ」と豪快に笑ってくれたり、自然に接してくれるので
取材をしてもらっているというよりお友達と話しているような感覚でした。

さて、今回、あかり.netという言葉が初めて紙面に載りました♩♩

あかりnet 朝日新聞記事130425

記事の中では、私のライフワーク「病気の子どもの療養環境を改善していく」ということについて、ほんの少し触れられていました。
あかり.netの活動記事において、この話が出るのは少し恐縮する想いですが

でも、病気の子どもへの想いもこうして記事に残してもらえたことは
自分の今後の生き方において
立ち返る場所をもらえた感覚でとても有り難かったです。






2013-04-24-Wed-22:56

【 活動記録 】 雨が降ると思い出す人

今日は1日雨でした。

初めて金物屋さんの中に入った日
思っていた以上に家の中が痛んでいてびっくりしました。
でも、見えてる景色のわりに空気が淀んでいませんでした。

大家さんは、雨が降ると翌日の早朝に金物屋さんに来て
バケツや樽にたまった雨漏りした水を捨ててくれています。
それから窓を開け、換気をします。

IMG_5239.jpg

約10年前に金物屋さんを購入してからずっとの習慣だそうです。
金物屋さんは広いので、写真の倍くらいバケツがまだあります。

大家さんが金物屋さんを守ってきてくれました。


2013-04-24-Wed-00:45

【 活動記録 】 ひまわりネットワーク

豊田、長久手、みよし放送のケーブルテレビ「ひまわりネットワーク」さんの番組に生放送で出演させて頂き、あかり.netの宣伝をさせてもらってきました☆
(4/23 9:00〜9:10)

出演させてもらったのは
「よ〜いどん!」という地元で活動する人々やイベントを紹介するコーナー

IMG_0489.jpg
IMG_0492.jpg

あかり.netの楽しさを伝えられていたら嬉しいです。
この機会をくださったひまわりネットの松田さんに心から感謝です。

のこぎりとのみを持って行ったら、ほんの少しでしたが
電波に載せることができて嬉しかったです。
あ、ケーブルテレビだから、電波じゃないか♩

ヘルメットも持って行けばよかった。


2013-04-24-Wed-00:35

【 学ぶ 】 簡単には手に入らない知識

IMG_0329.jpg

情報化社会においても
なかなか手に入らない情報があります。

全国どこの書店でも「現在、お取り扱いできません」状態で
なかなか手に入らない名著だそうです。

有り難いことに、今、読ませてもらっています。
2013-04-23-Tue-23:53

【 その他 】 夜の間に・・・

4月14日、足助春祭りでした。
花車の引き廻しにはギリギリ間に合わず、とても心残りです。
来年は必ず見たいです。

16日に足助に行ったときに映した写真。
IMG_0331.jpg
IMG_0332.jpg

花車を引いた後が道路に白い線となり残っていました。
迫力があります。

巨大なカタツムリが、夜の間に町を散歩した後みたいと思いました。
2013-04-20-Sat-00:38

【 学ぶ 】 塗料の研究スタート

建物の外観は、板張りになりそうです。
今のところ、金物屋さんでは
ダークブラウンかブラックの浸透性塗料を板に塗るそうです。

ところで、これは全国の重要伝統的建造物郡保存地区での景観改修で言えると思うのですが
どうしても化学塗料を塗ると、色のムラがなくなり、のっぺりした表情の板壁になりがちです。

ということで、「表情・1枚1枚個性のある板壁」を目指し
今日から研究をはじめました☆

何からはじめていいかわからなかったので
第1弾は、内子に行ったときに、町中で購入した「<内子産>黒豆」の煮汁。

beans.jpgtest.jpgIMG_0347.jpgIMG_0348.jpg
IMG_0350.jpg

しばらくベランダに置いて
雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケズ
頑張ってもらいます♩




2013-04-20-Sat-00:30

【 活動記録 】 団子三兄弟

あかり.net用にヘルメットを注文し、今日、届きました!

herumetto2.jpg

色は「オレンジ/モスグリーン/クリーム」にしました♩
色もこだわりましたが、安全第一、機能性に一番気を使いました。
【脱げ防止機構/KP(衝撃吸収ライナー)付/墜落時保護用/飛来・落下物用/電気用】

ura.jpg

これだけの機能でネット注文だとひとつあたり1340円。
だいぶ安くなっていました。
かぶるとこんな感じです。

IMG_0360.jpg

第1回のワークショップでは、大工作業はしませんが
家の中を探検するので、ヘルメットを持っている方あるいは誰かから借りれる方はお手数ですが持参してください。
ない方は、このヘルメットで私と団子三兄弟しましょう♩

dango.jpg



2013-04-19-Fri-23:54

【 活動記録 】 瓶の中身

火曜日は、朝日新聞の記者さんに取材もしてもらいました。
こちらも記事になるかはまだわかりませんが
あかり.netのことを聞いてもらえることは、純粋に嬉しいですし
自分の中でも言葉にすることで、いろいろ整理できて有り難いです。

金物屋さんのたばこショーウィンドウを見た記者さん。
しばらく止まった後
「この瓶の中には何が入っているんだろう?」と。

IMG_0340.jpg
IMG_0339.jpg

とっても新鮮でした。
私はそこまで考えてなかった。
一緒に町を歩いているだけで
いろんなことへの関心・疑問を持つ記者さんを何回も見つけ
すごいなぁと感心しきっきりでした♩

2013-04-19-Fri-23:32

【 活動記録 】 チェンバロが響く蔵

火曜日は半日足助でした。
マンリン書店さんの蔵を改装したカフェでちょっとした打合せ。
のつもりが、オーナーで和紙工芸家の深見富紗子さんとたくさんお話しました。
チェンバロを弾かせてもらった後、富紗子さんと。

まんりんどう

カザルス「鳥の歌」を館内にかけてもらって聴いたり
とっても贅沢な時間でした。

数年前までプロのチェンパロ演奏家やチェリストをお呼びし
この蔵でLive企画をしていたそうです。
「中で演奏してもらうと蔵が楽器になって、外に響くの」
という言葉がとても心に残りました。体験してみたい。

富紗子さんは、足助が重要伝統的建造物群保存地区になるずっと前から
町並み保全活動をされてきているだけでも尊敬なのですが
私は、その活動の中身が
富紗子さんの「感性」でできていることに感銘を受けました。

「町のため」の前に、「自分の感性を信じ、やりたいことをやる」。
その結果、マンリン書店は、足助の町の顔になっています。
雑誌でよく見かけるこのアングル。
IMG_0333.jpg
IMG_0334.jpg

足助のためになっているんですね。

富紗子さんは、金物屋さんの歴史をよく知る貴重な方でした!
びっくり。
詳しくはあまり話してしまうともったいないので
ワークショップのときにお話しますね。


2013-04-16-Tue-00:31

【 活動記録 】 想いを受け継ぐ

大きな大きな木でできた火鉢。

火鉢


先週、耕Lifeをお読みになった豊田市にお住まいの主婦の方から
「古い火鉢を譲りたい」というご連絡を頂きました。
(実際のところは、その方から耕Lifeに問合せがあり
耕Lifeから連絡を頂いた私が、その方にお電話するといった流れ。)

私があかり.netの錦見ということがわかると
その方は、控えめででもとっても嬉しそうな声で
「本当にありがとうございます」とおっしゃいました。
そして、火鉢への想いを話してくれました。
お話されているうちに、受話器の向こう側のその方が泣いていることに気がつきました。

家を立て直すことが決まり、その火鉢を新しい家に持って行くことを
家族に反対されていたということです。
東京でその方のお父様が20年。
結婚と共に豊田へ移ったその方が火鉢を受け継ぎ40年。
年代もので、古く痛んでいるところもあるけれど
どうしても捨てることができずにいて、悩んでいたそうです。
骨董品屋さんに出してしまうと、その火鉢が誰の元に行くのかわからず
会いたくなったら会いに行けるところで
大事に使ってくれる人に譲りたいと思っていたところ
耕Lifeのあかり.netの記事を読んだとのことでした。
みんなで再生するあかり.netの家の中のどこかで使ってもらえたらとおっしゃいました。

昨日、温泉旅行の帰り、みんなと別れてから
火鉢を譲って頂きにお宅まで行きました。

思っていた以上に大きく
樹齢200〜300年ほどになるでしょうか
大木を掘って作った立派な民芸品でした。

その方はお会いしたときもやっぱり少し目に涙を浮かべていました。
そして出逢えたことをとても喜んでくれました。
私も出逢えてよかった。

たすきを受け取った感じで、シャンとしました。



2013-04-16-Tue-00:01

【 おともだち 】 私が守りたい景色2

高校ではハンドボールをしていました。
9人のメンバー中2人は予定があって参加できなかったのが残念だったけれど
みんなで温泉旅行に行ってきました!

IMG_0247.jpg

笑いときどき涙?
涙ときどき笑い?

一生懸命、毎日「青春」してた私たちも
今年で30歳になります♩

今はみんな大人になって
たまに集まるときは笑いばかり。

ずっと一緒に年を重ねていきたいなと思いました。





2013-04-13-Sat-01:16

【 活動記録 】 「頭」であかり.netを考えてみる。

私には手帳をふくめノートが3冊あります。

「気分や用途によって、使い分ける」

というほど、うまく3冊を活用できていません。
そのとき、手元にあったノートに書き込むということをやっていたら
気づいたら3冊になっていました。
ですから、「あれ、あのメモはどこに?」といったことがたまにあります。
ボルネオに行ったときに購入したこのノート、最近出番が少なかったのですが
memo.jpg

開いてみたら、昨年の7月20日にしたメモがありました。
金物屋さんにあかりを灯すぞ、という内容でした。

その中に
「どうやって?」ではなく「実現します」と少しずつ仲間を増やしていくしかない。
というメモがありました。

この数日後、足助支所で豊田市の文化財課の職員さんに出逢い、今に繋がっています。

現在の伝建地区の町並み保全では
古くなった家を後世に残すための改修に対し、国あるいは各地方自治体が助成を行う制度があります。
行政は、改修を必要とする家を調査・選定し
伝建地区の改修経験豊富な設計士さんと家主さんをつなぐルートを作ってくれています。今回、あかり.netはそのルートの中に入って行くことになったのだと思います。

あかり.netの立ち位置は

景観・構造補強の改修と違って、助成が出ない内装改修部分をワークショップ形式で参加者の力を借りて担当する

というものだと思います。

足助で古民家改修をする場合、地元の方や家主さんとの信頼関係は外せません。
けれど、これは外から来た私ひとりでは到底構築できませんでした。
現在もまだまだ努力が必要です。
その間を取り持てるのは、定住促進課や文化財課の職員の方々しかいませんでした。

足助の文化財課の職員さんのお仕事は
改修する家を決め、予算をつけ、設計士さんを見つけ
家主さんにバトンタッチし、家主さんを支える
といった建物改修の段取りを進めるお仕事だけではなく
地元の方々をも含めた改修にまつわる様々な人々を繋げる
ということもあるのだとこの半年間で感じました。
そして、私のような「改修したい」という人間を”育てる”ことです。

大事なことは、家主さんと改修者を区別することが必要となってきたということです。
そして、伝建地区の町並み保全のため
行政はその改修者に必要な知識やネットワークを与え、育てていく必要が出てきたということです。
建物が古くなるということは、その所有者も高齢化しているのだと思います。
自分の持ち家が「歴史的に価値がある」と選定されたことは
喜びであると同時に、様々な制約が生まれ、その保全はとても大変であると聞きます。
だからこそ、あかり.netの活動は「地元の人たちが安心できる町」という観点も大切にしていきたいです。

こうした中、たまたま私が金物屋さんと出逢い、家主さんと私を足助の行政職員さんがつないでくれました。
そしてその後も、今に至るまでずっとあかり.netの活動をフォローしてくれています。


おかしかったのが、7月20日のメモの最後
改修で力を貸してもらおうと思ったキーパーソンのメモのところに

【日曜大工棟梁】父

とありました。
今の流れだと、その後のたくさんの嬉しい出逢いのおかげで、父の出番はなさそうですw




2013-04-13-Sat-00:51

【 遊ぶ 】 未来のカーデザイナー絶賛発掘中

5月3日(金)に、金物屋さんの軒先で「五月の節句」をします。
中馬のお雛様に続き
誰から望まれたわけでもなく、コツコツと、でもキラキラと第2弾です。

IMG_0154.jpg


スマートくん、横向きに2台並べると、今度は鯉のぼりに見えてきます。

あなただったら、どうやってお化粧しますか??
ゆるいエントリーお待ちしております♩


2013-04-13-Sat-00:41

【 歌う 】 嬉しい贈り物3

昨日、本当に久しぶりにひとりでピアノに向かい、2時間ほど歌いました。
外に漏れていた音をひとくみの親子が聴いてくれていました。

パパに抱っこしてもらって、3歳くらいの可愛い少女が
窓から手を伸ばして野花をくれました。

IMG_0186.jpg



2013-04-13-Sat-00:32

【 資料 】 参加者募集要項

あかり.net 参加者募集しています。

詳しくは、いつでも私(錦見綾)に直接お問い合わせくださいませ☆
参加募集要項1
参加募集要項2

2013-04-07-Sun-00:16

【 おともだち 】 感謝。

あたたかくて、びっくりするくらい純粋で
いつも等身大のその人でその場にいる
見えてる背中は細くてちっちゃいのだけれど
おっきな背中とゴツゴツした働き者の手がかっこいい
大工の棟梁さださんが、結婚しました☆

とても幸せそうで、みんなが幸せになりました。 @足助一の谷

桜


2013-04-06-Sat-23:57

【 活動記録 】 記事から想像する。

毎日新聞の記事は、担当してくださった中嶋さんがとても好意的にあかり.netのことを取り上げてくれたことが伝わってくるものでした。

取材の中で、私は記事にする際の要望等をしていません。
お話した内容が、記者さんの目にどのように映り、どのように表現され、どのように発信されるかというのは、とても興味がありました。
また、自然の流れにまかせて、もし想いとちがった記事になったとしても、実態は金物屋さんにあるので心配することはないと思いました。

記事の内容は、まず「過疎化が進む中山間地域の古い街並保存」
という課題を提示します。
この「保存地区の空家活用問題」
中山間地域に限らず、全国の重要伝統的建造物群保存地区にも共通する課題だと思います。
金物屋さんの改修は、家主さん、豊田市、あかり.netの関わりによって
この課題に挑戦していくといったストーリーになっているのだと思います。

その上で

・(あかり.netという文字はなかったけれど)あかり.netがボランティアで内装設計/改修ワークショップを行う
・現在参加者募集中

ということを明記して記事にしてくれたところを読むと

中嶋さんがワークショップの成功をイメージし記事にしてくれたことが想像でき
とても有り難く思います。
ボアンティアという言葉は、私は使っていないのですが
¥36,500という参加料をいただくあかり.netが
その費用を家の改修のために使う
ということをしっかりと伝えてくれたのだと思います。

実際は、私の中であまりボランティアという感覚はありません。
参加者のみなさんはお金を払って集まってもらうことになるので
旅行や食事、好きなことに時間やお金を使うように
あかり.netがみんなにとって
そういう対象になっていったら本当に嬉しいです☆

記事の中の錦見綾が「あかり.net」に少しずつなっていくのだと思います。


2013-04-06-Sat-21:33

【 活動記録 】 2013/4/6毎日新聞夕刊ー社会面『空き家に明かりを』

3月末に耕Lifeを見た毎日新聞の記者さんから電話をもらい、あかり.netの取材を受けました。
その後も熱心に電話で追加取材して下り、今日の夕刊で記事にしてくれました♪

写真

左に夕刊トップを飾った「福島第1原発の汚染水漏れ」の関連記事
右に「トキ10ペアが抱卵」、「犬山祭」、「応挙の幻虎図」

興味深い記事の仲間入り。
うれしいです。

記事の内容はコチラ
写真-2

応挙の幻虎図は、大阪名物・くいだおれ太郎で有名な「くいだおれ」創業者の倉庫に眠っていたとかで
とってもわくわくしますね!!


2013-04-02-Tue-23:03

【 活動記録 】 “事務局へのメッセージ“にしてよかった

すっかりここで報告することを忘れていましたが、3月25日からあかり.netの募集を開始しました☆
いけませんね、ぬけてます。。
現在のところ募集方法は下記の通り。

・フリーペーパー『耕Life3月号』のイベント告知コーナー
※ホームページ版 http://www.kou-life.com/event/entry-60.html

・豊田の中山間地域「旭」にUIターンした若者が暮らす『福蔵寺さん』
※福蔵寺のホームページhttp://asahi-gurashi.seesaa.net/archives/20130402-1.html

・知り合った人に手配り

先日、毎日新聞に取材して頂く機会があったので、また広報の窓口が増えるかもしれません☆
いろいろ模索中です。
募集要項セットはコチラ。
写真

PDFデータにしてしまったら、ブログもFacebookもPDFはアップできないのですね><
またJPEGになおして、ブログで皆さんに見てもらえるようにします。

ところで、あかり.netの募集要項で参加を希望される人には
参加希望のメールを頂くようにお願いしています。

必要最小限の個人情報項目の他に
「事務局へのメッセージ」という項目を作りました。

ここ、「自己アピール」という案もあったのですが
私はメッセージにしたかった☆
あかり.netはきっとアピールの場じゃないもんね。

これまで、口頭で参加希望を伝えて下さっている方々もいるし
「問合せ」メールも何通か頂いていたのですが

本日、2013年4月2日 20:14 
件名【ワークショップ 参加申込み】
のメールが届きました☆

記念すべき第1号「参加申込み」を受け付けました。
こんなにも嬉しいものなんですね。
1通の小さなハッピーが目の前に舞い降りて来た感じでした♩
そして、こうやってメールをくれた人とあの家で出逢っていくってなんかすごいことだなと思いました。

「事務局へのメッセージ」は、読んでいてあったかい気持ちになりました。



HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。