FC2ブログ
2013-11-16-Sat-15:42

【 つくる 】 メリークリスマスと言いたくなった

10月の終わりに、クリスマスに向けてリースを制作しました。
一緒に作ったひろこはハズカシガリやさんなので
この角度からの制作風景です。
今年もこうしてクリスマスがやってきます。
ひろこリース
制作風景
IMG_6693.jpg
綾リース
IMG_6709.jpg

ツルは、私の大好きな青木さんから頂きました。
母が「とんぼ玉」を作るので、練習作品や失敗作品が実家にゴロゴロ。
リースの飾りに使ってみました。

親友と一緒に、大切な人たちを感じながら黙々と作る時間。
暖まります。

私が作ったリースは
足助のマンリン書店「蔵の中ギャラリー」に飾ってもらっています。

蔵の中

去年作ったリースはこちら
どんぐりと松ぼっくりをふたりで両手いっぱい集めました♩
完成
色づけ
ひろこ2
落ち葉
どんぐりと松ぼっくり
IMG_3714.jpg
2013-11-16-Sat-00:46

【 つくる 】 どうしようなく、柿がかわいい

14.jpg

足助の地元のおじさんが先週、あかり.netのみなさんにとたくさん柿をくれました。
大変立派な渋柿です。
以前、熟柿を食べさせて頂いたのですが
初めてのことで、その大きさと甘さととろける食感にびっくり。
幸福感がすごかったです。
メンバーのみなさんにどうやって届けようかと考えて
やっぱり月に1度しか会えないので、干し柿にすることにしました。

せっせと柿の皮を剥いてベランダに吊るしました。
柿の皮を向きながら、足助でお世話になっている人たちの顔が浮かんで
あの人にも持って行こう、毎年秋になるとこうやって干し柿を渡しに行けたらいいなぁと思いました。

ベランダの干し柿が、おかしなぐらい可愛く思えて
毎日、朝起きるのが楽しみ。

今日はどんな顔してるのかな?
起きてすぐベランダに行きます。
よしよし、かびてないぞ。
うんと甘くなってね。
今日のオレンジは、空の色とよく合うなぁ。
おやおや、柿の影ができてる!

そんな朝を、おじさんのおかげで毎日送っています。

11/11
kaki2.jpg
kaki.jpg
IMG_6932.jpg
IMG_6937.jpg
11/12
IMG_6952.jpg
IMG_6947.jpg
11/13
13.jpg
11/14
IMG_6958.jpg
IMG_6962.jpg
IMG_6963.jpg



2013-02-25-Mon-02:28

【 つくる 】 光の指す先には丸太

2月23日は、千年持続学校で大工作業。
今回は1日参加だったけれど、内容は大大満足。

なぜならば、到底私にはできないと思っていた「ひかりつけ」という大工技を実際にやれたからです。
2本の丸太を交差して組み合わせるときに、
ただ積むだけでは安定しないので、両方の丸太がかみ合うように、ドッキング部分を両方とも削ります。
その際、下の丸太に上に載る丸太の形状を写し取る作業が「ひかりつけ」。
これ以上、口で説明するのは限界があります。。。

とっても難しくて、やり方を教えてもらってできるようになったけれど
頭がまだついて行っていない感じ。
でも、実践できたので満足!

お昼のお弁当には、大家さんがくれた新ネギが再登場しました。
お弁当の色合いってとっても重要。
IMG_4692.jpg

2013-02-19-Tue-01:34

【 つくる 】 いなかとまちの文化祭@豊田

千年持続学校、ブースを出しました!
板取の家で使うための梁と桁を会場にドーンと持参し
イベントなのに、みんな普段通りもくもくと作業開始。
IMG_4540_convert_20130219010823.jpg

それでも、たくさんの人が興味を示してくれて、実際にのみとげんのう(とんかち)を持って木に穴をあけたり、かんなで削ったりしてくれました☆
IMG_4534_convert_20130219010903.jpg
IMG_4536_convert_20130219010942.jpg

会場でみつけた猪肉ソーセージ。
左が豚肉で右が猪肉。
IMG_4537_convert_20130219011034.jpg
猪肉ソーセージは、歯ごたえがしっかりしていて、the赤身!って感じの味でした。これを生臭いと感じる人もいるかもしれないけれど、私は、あえてこの赤身感が引き立つメニューがいいんじゃないかと思いました。




2013-01-29-Tue-00:49

【 つくる 】 ほぞ穴の墨付けと刻み

1月26日、27日は月に1度の千年持続学校作業日でした。

今回は、雪景色の中で作業。
IMG_4189_convert_20130129011430.jpg
凍える寒さだけれど、手先を動かしていると不思議と身体全体がじんわりと暖かくなります。
その一方で、地面からのマイナスの冷気には勝てず、靴下2重履き+スノーブーツでもつま先は冷え冷え。

あかり.netでも教えてもらえる足助の大工さんから
だんだん本格的な木組みを教えてもらう段階となってきました。
写真は「追掛大栓継ぎ」という木組み。
IMG_4180_convert_20130129011348.jpg
2本の木をつなぐ方法で、桁という場所でよく用いられる方法。
とはいっても、まだ私は自分で墨付け(製材を加工するときに、切ったり掘ったりする線の下書き)をしたこともないので難しい作業はそばで見て勉強。

今回は2日間、みっちりと作業に参加できたので
写真のように、梁のほぞ穴(柱を差し込むための溝)を墨付けから刻み(のみで木材を掘る作業)まで一連の作業をしました!!!
IMG_4232_convert_20130129012153.jpg
これだけするのに、半日以上かかってしまったけれど、大満足感。。。
あかり.netまでに、もっと腕を磨くぞ。

さむーいさむーい雪降る中、みんなで作業をして
夜はあったかいこたつの中で、大ババ抜き大会。
大の大人11人が、本気でババ抜きをすることの楽しさは想定を遥かに超えていました。
お酒を飲みながら、ときにおおはしゃぎ、ときに真剣に語り合い
ときに外で満月をみたり。。
いい夜でした。

雪の明くる日の景色は、のどかで好き。
これが旭の朝。
IMG_4213_convert_20130129011711.jpg

私は、覚王山にある尼寺で尼僧さんの座禅修行に3日間参加させてもらったことがあるのだけれど、そこで毎朝頂いた粥の湯気をみたとき、この世の中で一番美しいものにみえた。
写真の屋根から天に昇る湯気も、なんだかあの時の感覚に近い神秘的なものを感じました。

その他の写真。
雪をかぶった基礎。
IMG_4162_convert_20130129011315.jpg

縁側でお昼ご飯。ビバ、五平餅!
IMG_4227_convert_20130129011914.jpg

最後の図は、作業に欠かせない大工用語(躯体の各部分の名前)の紹介。
構造_convert_20130129013652
まだまだわからない言葉がたくさんで、ついていくのが大変だけど
これを見て復習しています♩
RREVHOME